出来事から学ぶ習慣が結果を生む

今起きている事象から学べるようになることが、
ビジネスで結果を出す為に大切なトレーニングになります。

ビジネス研修で学んだことを活かすならとても重要です。
例えば、ビジネスで結果を出すために、NLPを学ぶ経営者さん達は、
世の中にとても多くいいらっしゃいます。

そして、NLPを使って結果を出している人ほど、
目の前の事象を見て、NLPの視点で考えています。

時にNLPを軸にして、時にNLPのものの見方をおり交ぜながら。

具体的にはこうです。

ある飲食店の経営者さんが、自分のお店を変えるために
ビジネス研修としてNLPを学びました。この時に次のように考えながら
NLPを活用したそうです。

今までの、
「どうしてうちのスタッフはこんなに曖昧で、殺伐としているのか?」
という思考から、

「この状態で起きていることは一体何か?」
とぴう思考に切り替わったそうです。

例えば、スタッフ同士の空気の悪さや態度の悪さ、
この点をとっても、態度が悪い行動をとるということは、
そこにそうするだけの動機が存在していると考えます。
(結果には理由があるという視点です)

そして、その動機は感情から来ているという点から、
今、かれらはどのような気持ちの状態なのか?
ということを考えてました。

このような思考を深く掘り下げていった時、
お互いの理解のなさや誤解が原因であると見えて来ました。
そこで、関係性が気付けていないと判断し、
お店全体で(アルバイトさんも含めて)研修を開きました。

内容はNLPの内容で関係性を築くためのコミュニケーションについてです。
ワークとスキルと人間心理についてです。

客観的に見たらなんだと思うかもしれませんが、
このように一つづつ、紐解いていくことで、
アイデアを出して行動でき、アイデアを生み出す基本的な
考え方やNLPの活用の仕方などを学ぶことが出来たのです。

このように起きている事象に向きあい考えたり、
人の事例について考えていくことで、力が養われていきます。

人に教えることが最大の学びになる

あなたは、ビジネス研修で学んだことを
仲間に伝えていますか?

実は、人に伝えることが、あなたにとって最大の学びとなります。
つまり、アウトプットすることで、あなたの学びが深まります。

例えば、あなたがビジネスの研修に参加したとします。
目的が社内の活性化だとします。活性化というと抽象的ですので、
具体的にすると、社内の人間同士のコミュニケーションを円滑にすることで、
お互いの人間関係や関り合いの中から生まれるアイデアや発想を
活性化することです。

結果的に、社内の仲間同士だけでなく、社内の雰囲気が
より良くなることで、仕事への取り組み方、お客様への影響などが
よくなり、売上のアップにもつながります。

では、その為にあなたがビジネスの研修で、
素晴らしいチームの作り方やコミュニケーションの研修を学んだとします。
そして、あなたが学びを深めるためにはどうしたらいいのでしょか?

そこで大切なのが、仲間へ教えることです。
先ほどお話したチーム作りのためにビジネス研修を学んだとしたら、
仲間内に浸透させるために。あなたはある一部の人達に協力してもらい
浸透させていく必要があります。

なぜならば、新しことをする時、人は無意識に拒絶をします。
ですので、少人数の仲間から浸透させていきます。
そうすることで、だんだんと全体に浸透させていきやすくなります。

そして、最初の少人数の仲間に伝える際に、
あなたはビジネス研修で学んだことを教えることで、
学びが圧倒的に深まります。

この時のポイントは、
・人に教えることで、抽象的なものを具体的にする
・仲間からの質問に応えることが、あなたのあなたを協力に活性化する

です。

教えること、伝えること、質問に応えること.
これがあなたの学びを深めます。
是非、ご活用下さい。

人が何に動機づけされているのかを知る質問

慣れてくると、3つの質問をすることで、
相手が何に動機づけられているのかが、分かるようになってきます。

前回の続きです。

では、3つの質問をお伝えしていきます。
ビジネス研修でも試していきたい質問です。

(少なくとも、自分自身が何に動機づけされているのかを知ることには意味があります)

1、仕事で大切にしていることは何ですか?

2、それってどうして大切なんですか?
 (1番目の質問の答えに対して質問します)

3、それってどうして大切なんですか?
 (2番目の質問の答えに対して質問します)
 

これだけですと分かりにくいですので、一つの例をあげさせて頂きます。
ビジネス研修として、NLPを学んだ方のお話です。

彼は、NLPセミナーのワークの最中に3つの質問に対して、
次のように答えていたそうです。

1、人生で大切なことってなんですか?
 答え:大切な人の幸せ

2、それってどうして大切なんですか?
 答え:大切な人が幸せなら、僕も嬉しい。

3、それってどうして大切なんですか?
 答え:自分も幸せな気持ちになれるし、考えるまでもない質問だよ

いかがでしょうか。

このように、ビジネス研修の一貫として参加したNLPセミナーで、
自分の人生の価値感と、どうしてそれが大切なのかという
理由に触れて行きました。

この方の場合は、大切な人が誰をイメージしているかは別にして、
大切な人が、喜んでいることや幸せなことを大切にしていて、
その為には、力を発揮できるし、行動する理由になるるということです。

このように、ビジネス研修でも、自分自身や仲間同士で、
行動する理由や大切なことを知ることで、モチベーションが変わります。
なぜならば、忙しい日常の中で、忘れていることが多いからです。

是非、定期的にビジネス研修で行いたいことです。意味があります。

心の底から大切なことを明確にする

あなたが大切にしているものが、あなたの大きな力になります。

NLPセミナーで学ぶクライテリアに関して、ご紹介していきます。
もしかしたら、大夫以前にもご紹介していたかもしれません。
ですが、別の角度からご紹介していきますので、是非、見て、
考えて、感じながら、生活やビジネス・仕事の面でお役立て下さい。

ビジネス研修は、世の中でにたくさんありますが、
あなたにとっての原動力となるものについて触れる機会は
全体の中で考えますと、そう多くはないはずです。

では、その大切な原動力となるものとは何でしょうか?
それが「理由です」

今回は、NLPセミナーで学ぶクライテリアについて
お話をしていきますが、それは価値基準についてのことです。
価値基準とは、あなたが何を大切にしているのか?
という価値観の中でも、特に大切な物を明確にしていきます。

実は、それこそが「理由」です。

・あなたが仕事をする理由
・あなたが忙しい中でも勉強し続ける理由
・あなたが辛い時、体調不良の時にも走り続ける理由

・人を大切にする理由
・何よりも、家族を優先する理由
・お金を大切にする理由

実は、当たり前のように思える質問でも、真剣に
NLPのクライテリアで向き合うことで、人それぞれ
大切にしている「理由」が違います。

それをNLPセミナーでは、クライテリアと呼んでいます。
では、どのようにNLPのクライテリアを使うのでしょうか?

ここでは、次のような質問を使います。
「◯◯で大切なことは何ですか?」

長くなりましたので、続きは次回に詳しくご紹介していきます。

フィードバックするための質問について

上手くいかない結果からフィードバックを得る

ところで、フィードバックを得るということは何でしょうか?
今まで以上の学びを得ることができますし、望んでいる結果に対して、
前に進むということでもあります。

しかし、それだけでしょうか?

実は、フィードバックを得るということは、
「選択肢を増やす」という行為でもあります。

ビジネス研修において、スタッフさんに何かをお伝えになるのであれば、
こういうことを伝えてあげる事は大切なことです。

どうしてだと思いますか?

実は、力になるからです。

力になるとはこういうことです。
選択肢を持つことが力になります。

上手くいかない結果や行動から学ぶことで、
次はこうしたら結果が出るかもしれない、結果が出るのではないか。
という形で考えて行動する時、既に新しい選択肢が生まれています。

選択肢がないということは、逆に不安を生みやすく、
あなたの力を奪います。

フィードバックを行う時に、望んでいる結果や人生に対しての
選択肢を増やすという視点で考えると、とても良いかもしれません。

そうすると、次のように考えやすくなります。

「この出来事から何を学ぶことができるのか?」
「この出来事には、どんな可能性があるのか?」
「この出来事から学ぶべきことは何か?」
「この出来事の意味は何か?」
「メッセージを得ることが出来るとしたら、それは何だろうか?」

などです。

これらをビジネス研修で学ぶか学ばないかでは、
のちのちに大きな違いが生まれてくるのです。

選択肢を増やすという視点も大切です。
ビジネス研修でも使える話でした。

フィードバックを大切にする

<失敗から学ぶということを教えてくれるのが次の言葉です。

・失敗はない、ただフィードバックがあるだけ

この言葉からどのような印象を受けますか?
ここから得られるのは、行動した時に得られるのは、
結果だけだということを教えてくれます。

・うまくいく結果
・うまくいかなかった結果

この2つです。

まずは、ここが重要です。
あくまで結果です。

結果までだけで見てしまうと、人によっては、落ち込んで終了ということが
あるかもしれません。しかし、実はもうひとつセットにして考えるべき
項目があります。それは何だと思いますか?

それは改善です。

例えば皆さんの趣味や夢中になっていることを思い浮かべて下さい。
思い浮かべると、好きで夢中になっていることに関しては、
何か行動を起こしたら、起こした結果が良くても、悪くても
お構いなしに考えませんか?

・うまく行っても、より良くなるためにはどうしたら良かったか?
・うまく行った中で、編成店や修正点があるとしたら何か?
・うまくいかなかったけど、どこを改善したらいいのか?
・どうすると、次はうまくいくのか?

など考えながら、常に進化していると思います。
お伝えしたいことは、これは、ビジネスや仕事でも同じです。

ビジネス上での行動、ビジネス研修で学んだ内容の実践など、
全ての行動には、改善点がぞんざいします。

それこそが、次の行動につながる学びになります。

つまり、「失敗はない、ただフィードバックがあるだけ」とは、
あるのは結果だけで、そこから学ぶことができるということを
教えてくれています。

次回は、どのように上手くいかない結果から学ぶのかを
ご紹介していきます。ヒントは質問です。

優先順位をつけて行動する

ビジネス研修をみんなで受けたとします。

恐らくアイデアがたくさん出てきたと思います。
例えば、NLP資格のセミナーには、経営者さんの
ご参加が多いのですが、従業員さんの教育のために、
社長や会長が自ら学びに来ることは少なくありません。

そして、ある経営者さんは会社に戻り、
自分が使い、理解して、人に伝えられるように噛み砕いたときに、
従業員さんたちの研修を開くと話していました。

その時に、一つのテーマに対して、
NLPに基づいた学びを得た従業員さん達は、
仕事に対して、たくさんのアイデアが出てくるそうです。

研修時間が時間内に終わらない程に、
たくさん出てきます。

すばらしいアイデアがたくさん出て来る中で、
一度に全てを行動するわけにもいかずに
優先順位付けするそうです。

前置きが長くなりましたが、
今回は、優先順位の話です。

優先順位をつけることで、
行動がしやすくなります。

では、もしも優先順位が付けられない、
混乱してしまっているという場合は、どうしたら良いでしょうか?

こんな時には、やり方があります。
先ほど、NLP資格のセミナーに関して触れましたので、
NLPの内容をお話させて頂きます。

目的や価値基準が明確であることが前提の話とさせて頂きます。

それはクライテリアの優先順位付けです。
クライテリアとは、価値基準のことを指しています。

この場合は、クライテリアと一緒に学ぶ優先順位付けのやり方です。
複数の選択肢がある場合に、総当たりで、1つずつを比べていきます。

そして、全てに優先順位をつけてしまい、
優先度の高い上位のものから行動していきます。

ただし、緊急でなくても、今後間違いなく必要なものには、
時間をほんの少し割くことも大切です。

改善したい行動の肯定的意図は何か?

「今よりもスムーズに結果を出せるようになる」

前回、NLPセミナーで学ぶ、肯定的意図について学びました。
今回は、具体的な肯定的意図のワークをご紹介させて頂きます。

もしも、皆さん自身の改善したい肯定的意図が分かったら、
止めていたブレーキを外して、結果を出しやすくすることも、
必要以上の心の中の葛藤も改善されていきます。

では、NLPを福岡で学んだ女性の例から
ご紹介させて頂きます。

NLPを福岡で学んだ女性は、まずは、
改善したい自分の行動を明確にしました。

そして、その改善したい行動に対して、質問を投げかけます。

その流れをまとめるとこうなります。

1、改善したい行動を選ぶ

2、選んだ改善したい行動に対して質問をする
 ⇒その行動を取ることによって何が得られますか?

 ⇒またはその行動を取ることで何を教えようとしてくれていますか?

このように、NLPセミナーで学ぶ肯定的意図のワークは、
質問を中心に行ないます。

そして、この質問を繰り返していきます。

NLPを福岡で学んだ女性の場合は、
「部下に仕事を任せることができない」でした。

現実は、任せないと仕事は進みませんので、
任せるのですが、できるだけ自分で
行わないと安心できないということでした

ここに対する行動の肯定的意図を探時、
先ほどのような質問を連鎖的に繰り返していきます。

つまり、質問⇒答え⇒出てきた答えに対して質問⇒答え
という感じで繰り返します。

その中で、誰が見ても、聞いても、感じても
「これかな」という答えや、その人にしかわからない答えが出てきます。

それをキャッチしたら、それを満たしてみます。
つまり、満たすために、何かの行動を行うことになります。

つまり、ある特定の勘定の満たし方は、
今まで行なっていた改善したい行動以外にもあるということです。

NLPを福岡で学んだ女性は、肯定的意図のワークを行なうことで、
気づいたら、部下を信頼できるようになってきたそうです。

それがビジネスにも生かせるということです。

葛藤を解消して実現能力を高める

ビジネス研修などでは、
あまり多くの会社で取り上げてはいないと思います。

多くと言うよりも、ほとんどではないでしょうか?

なぜならば、あまり知っている者どうしで、
大勢ではやらないほうがいい内容です。

それは葛藤の解消です。

私たちが望んでいる結果を手に入れる為に、
イメージをしましょうなどのことを聞くかと思いますが、
これは無意識を活用していこうというということです。

では、無意識を活用して、実現能力を高める際に、
もっとも大切な事はなんだと思いますか?

それは、心の中にある感情的な課題を解消することです。
それが心の葛藤です。

無意識レベルでは多くの場合、葛藤があったりします。

この葛藤の中には、小さい頃から持ち続けている課題
が含まれています。

実は、この課題が自分の望んでいる結果の実現を
妨げていることが多々あります。

それは自己啓発や研修の内容により呼び方や表現の方法が
違うことが多々あります。

心の闇ということもありますし、人生の課題とも言えますし、
様々です。

一つ確かなのは、無意識に自分の恐れや不安を作っている
原因がそこに存在していたりします。

NLP心理学では、その葛藤のことを肯定的意図と呼んでいます。

肯定的意図は、表面的には私たちのマイナスを
生み出している、足を引っ張っていると思われがちですが、
実は、私たちを守り、幸せにするために存在しています。

今回の話でお伝えしたいのは、
自分の心や課題と向きあい、それを解消や解決していくことで、
人生は、臨んでいる方向へ進みだすということです。

NLPセミナーで学ぶ、肯定的意図については、次回にお話していきます。

研修内容を脳に焼き付ける

NLPセミナーでは、モデリングという
新しい、あるいはレベルの高いスキルなどを
身につけるためのテクニックがあります。

今回のお話では、そこに関連している
お話をしていきます。

ところで、皆さんが受けているビジネス研修とは、
どのような内容でしょうか?

とても重要なのですが、
もしも、自分たちでビジネス研修を企画したり、
選ぶことが出来るとしたら、次のような研修を
選ぶことで、研修後の成果や結果、熟練度が
大きく変わってきます。

それは、プロフェッショナルのデモや
実技の実践や生の実践が豊富にあるところが
とてもいいです。

どうしてだと思いますか?

ここには理由があります。
それは、概念や基本的な知識
やり方、手順なども大切です。

同時に、とても重要な車で言う片側の車輪が
あります。それがデモ、実技、実践です。

車の片輪づつの関係だと思うと分かりやすいです。

例えば、ビジネス研修でとても素晴らしい営業のスキル
を学んだとします。その場で学びながら、皆、
レベルアップして、自分が受け取れる範囲で
多くの学びを得ることができます。

しかし、それだけで中期的、長期的に見た時に、
本当に成果を出し続けることができるのか?

実は、出来る人は出来ます。
しかし多くの人は出来ません。

脳にイメージを焼き付けないと、
プロのやっている内容を忘れます。

NLPセミナーに出て、皆さん自分なりのペースで
成果や結果をでしていくのは、基本と実践にプラスして、
プロのデモや実践、実技を見て脳と体で学び、
確信と復習する材料を得ることができるからっです。

そんな視点でビジネス研修を選ぶことも出来ます。